うさぎはどんな品種がいるの?性格は?人気のある8種類を紹介!

スポンサーリンク


TOMIMARUです(´っ・ω・)っ

 

うさぎの品種って結構あるのはご存知でしょうか??

我が家のダン君は人気のあるネザーランドドワーフですが、他にも人気がある品種がたくさんあります!!

 

品種によって性格も違いますし、何より見た目が全く違います。

これからうさぎを飼いたいと思っている人は1番悩む部分だと思うので、今回は人気の8品種についてまとめていきますので、あなたの好みでお気に入りのうさぎを見つけてみてくださいね。

 

紹介しているうさぎの品種一覧⇩

  1. ネザーランドドワーフ
  2. ホーランドロップ
  3. ミニウサギ
  4. ライオンラビット
  5. ミニレッキス
  6. ドワーフホト
  7. ダッチ
  8. フレミッシュジャイアント

①【王道のうさぎ】ネザーランドドワーフ

ネザーランドドワーフ

我が家のダン君の品種でもあるネザーランドドワーフは、最も人気がある王道のうさぎです(^^)/

 

まず、見た目が可愛らしくピーターラビットのモデルのうさぎでもあるので、うさぎと言われて思い浮かべることが多いのはネザーランドドワーフなんではないかと思います!

ドワーフとは小さいという意味があり、うさぎの中でも小型種に分類され1番小柄ですので、見るだけで癒されちゃいますよ💛

 

性格は個体によってそれぞれ違いますが、神経質で警戒心が強く抱っこが嫌いなネザーランドも多く、実際に我が家のダン君は抱っこ嫌がります…

抱っこが嫌いなだけで人が嫌いなわけじゃなく、じっとしてれば人の上に乗ってきたりにおいをかいできたりするので興味はあるみたい。

時間をかけて抱っこをしつけ、信頼関係が築けることが出来れば、仲良くなり抱っこも許してくれる可能性もあります。

 

うさぎといったら「ネザーランドドワーフ」といってもいいぐらいの大人気のうさぎです!

まとめ
小型種なのでケージのスペースも取りませんし可愛さ飼いやすさは文句なく満点ですが、神経質で警戒心が強いので抱っこをさせてくれないことも。

 

ネザーランドドワーフについては別記事でもご紹介してるので見てみてください⇩

ネザーランドドワーフが大人気!実際に飼ってみての感想をお伝えします!

2017-10-08

 

②【温和な垂れ耳】ホーランドロップ

ホーランドロップ

こちらも、人気が高く認知度も高いうさぎのホーランドロップ🐰

なんといっても、この「垂れ耳」が特徴ですね(*‘ω‘ *)

 

大きさは中型種に分類されるので、成長したらけっこう大きくなります 。

大きい分、抜け毛が多いことや大きめのゲージを置く場所を確保しなければならないのは注意点ですね。

 

性格がおっとりしてて穏やかなホーランドロップが多く、とてもスキンシップを取りやすいのが特徴。

もちろん、性格によっては抱っこなどスキンシップが嫌いなホーランドロップもいるので、飼ってみなきゃわかりませんが…

 

遊ぶの大好きでのほほんとしてるので、ネザーランドよりかは触れ合えますよ!!

うさぎと触れ合いたいなら、かなりオススメです! 

まとめ
中型種になるのでケージが大きくなってしまうのでスペースを確保しなければなりません。しかし、それ以上に垂れ耳が強烈な可愛さを、性格も穏やかなおっとり系ですのでスキンシップのしやすさはGOODです。

 

③【個性溢れる】ミニウサギ

ミニウサギ

実はミニウサギという品種はなく、雑種のことをミニウサギと言っています。

雑種である分、ある程度決まった性格もないので個性が強いうさぎとなっています♪

 

おっとり系もいますし警戒心が強いネザーランドドワーフ系のうさぎもいるので、実際に見たり飼わないとわからないんですね。

 

大きさは中型~大型まで育つので、けっこう大きめに育つことが多く、色や模様もたくさんありますので、自分好みを見つけやすい品種ですよ。

ミニウサギはペットショップでも安く販売されていますし、どのペットショップでもミニウサギなら販売していることが多いです!

まとめ
個性があふれるミニウサギは、ペットショップでもよく見かけお財布にも優しいうさぎさんです。又、色や模様もたくさんの種類があるので、何件かペットショップに行けば自分好みのうさぎが見つかりやすい。ただ、大きく育つので大きめのケージを買わなければなりませんし、その分のスペースも確保しなければなりません。

 

④【もふもふチャンピオン】ライオンラビット

ライオンラビット

見てください!この存在感!(笑)

ライオンのようにたてがみがあるのが特徴ですね。そして、もふもふチャンピオンと言っていいぐらいのもふもふ感(*ノωノ)

たまらないですねぇ~

性格は、少し神経質で警戒心が強めなので抱っこが難しいことも。

 

でも、このもふもふはライオンラビットにしかないような特徴でなおかつ見た目もかっこいいし、じわじわと人気になっているうさぎさんなのです。

ペットショップや専門店で扱ってないこともあるので、ネザーランドドワーフやホーランドロップに比べると見つけるのが少々大変ですね~。

大きさは、小型種~中型種ぐらいの大きさに育つことが多いようです!!

まとめ
ライオンラビットはもふもふがむっちゃ味わえるうさぎです。しかし、性格的にすぐにもふもふできるわけではないので、そこは時間が必要となります。少々見つけにくい部分もありますが、大きなペットショップやうさぎ専門店なら扱っていることも多いので、事前に問い合わせをしておくのがいいですよ。

⑤【美しい毛並み】ミニレッキス

ミニレッキス

ミニレッキスの1番の特徴は、毛並みです!

短毛種で毛並みがとてもきれいなのです♪

触らないと凄さがわからないと思いますが、その毛並みの良さから毛並みコンテストなるものも開催されている国もあるぐらい1番の特徴となっています(^^)/

 

大きさも小型種に分類されるのでほどよく、性格も甘えん坊で懐きやすい子が多い!! 

ただ、大きいペットショップやうさぎ専門店でも扱ってないお店も多いので、見つけるのが少し難しいんですね。

まとめ
ミニレッキスは毛並みがきれいで、うさぎ界の中でNO.1といっても過言ではないです。大きさも丁度良く、性格も飼いやすいと評判が高いです。しかし、ペットショップやうさぎ専門店でも扱ってないことも多く、見つけるのが少々難しいです。

 

⑥【綺麗な目】ドワーフホト

ドワーフホトhttp://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=10528989

ドワーフホトの特徴は、目にあります!

目の周りがお化粧をしているみたいに、黒く縁取られているのです 💡 

 

黒く縁どられているので釣り目に見えますが、よく見てみると上品な綺麗な顔立ちをしていますよ!

一度、生で見たことあるのですが本当にお化粧しているみたいでしたね★

 

さらに特徴なのは、白色しか存在しないこと。

ドワーフホトは白色しか認められていないので、白色オンリーなんですね♪

元々ネザーランドドワーフが掛け合わさってるので、大きさも小型種ぐらいですし、性格も穏やかな性格です!

 

ただし、販売しているお店は滅多に見かけないので、ペットショップでは見つかりづらい。

もし飼いたいなら、ネットで調べて取り扱っているうさぎ専門店に問い合わせをしてみましょう(; ・`д・´)

まとめ
ドワーフホトは、目の周りがお化粧しているように黒く縁取られています。綺麗な上品な顔立ちで、白色の体はすごく可愛らしいです。しかし、中々お目にかかることが出来ないので、よくネットで調べて問い合わせをしてみましょう。

 

⑦【まるでパンダ】ダッチ

http://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=3485671&searchId=6aeaad4fb73a6ca9fb846f6a896d2bfb&npos=5

黒と白のツートンカラーが特徴のダッチ♪

別名、「パンダウサギ」とも呼ばれています!

 

うさぎの中でも人に懐く品種で、子供がいる家庭でも仲良くしながら飼うことが出来ます(*‘ω‘ *)

性格も温和ですし、小型種に分類されるので非常に飼いやすいうさぎです!

 

ミニウサギなどの雑種でもダッチ柄の子を見かけますね!

今では純粋の純血種ダッチはあまり見かけないですが、mix(雑種)で血を受け継いでいるうさぎは多いので、ペットショップを回れば見かけることができます。もちろん、mixだからといって問題は何もないですよ!

純血種ではありませんが、うさぎ専門店でも販売しているお店もありますので探してみてください。 

まとめ
ダッチは、性人懐っこい温和な性格をしています。なのでうさぎ初心者の方や小さいお子様がいる家庭に向いています。純血種のダッチを見つけるのは難しいですが、mixであれば比較的見つけやすい品種になります。

 

⑧【世界一巨大】フレミッシュジャイアント

フレミッシュジャイアントhttp://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=10135970&searchId=57b143d4a50a7a79c2ab5d3035c4d5d3&npos=33

で、でかい( ゚Д゚)

世界一大きいうさぎとして知られている、フレミッシュジャイアント🐰

とにかく、大きいのが特徴。

 

体重は10キロほどになることが多く、ギネス記録は20キロらしいです(笑)

イメージはうさぎというよりも、中型犬を想像してもらうといいかもしれませんね(; ・`д・´)

 

見た目は大きいですが、性格はおとなしめなんです

なんというギャップ(笑)

 

大きすぎて、うさぎ用のケージではまず飼えないので、犬用のケージが必要ですし、餌の量も必要になります。

しかし、大きいからこそのもふもふを思う存分に味わえるのがフレミッシュジャイアントの一押しポイントですし、顔をうずめたい人は最高ですね!

ペットショップではまず見かけないので、専門店で探してみてください(^^♪

まとめ
フレミッシュジャイアントは、とにかく大きい。大きいがゆえに、もふもふが味わえます。しかし、その分ケージや餌の負担が大きくなるのはお忘れなく。ネットで調べないとまず見つかりませんので、検索して見つけてみてくださいね。

 

まとめ

自分好みのうさぎさんは見つかりましたか?

今ご紹介した以外にも、まだまだ種類はあります!

 

まずは、いろいろなお店を回ることが絶対です。後は自分の直感で決めてください!

直感ってすごく大切なので、自分が1番納得してから飼うようにしましょうね。

 

ただし、飼うときは責任を持って飼いましょう。

 

うさぎはもふもふしてて、うごきが可愛くて、お世話も比較的簡単にできます!

1人暮らしの人でも飼えることができるでしょう(*‘ω‘ *)

 

自分が好きなうさぎと一緒に、うさぎLIFEを送ってくださいね!

皆さんとうさぎに素敵な出会いがありますように🌠

 

紹介しているうさぎの品種一覧⇩

  1. ネザーランドドワーフ
  2. ホーランドロップ
  3. ミニウサギ
  4. ライオンラビット
  5. ミニレッキス
  6. ドワーフホト
  7. ダッチ
  8. フレミッシュジャイアント

 

うさぎをこれから飼う人のために「うさぎの教科書」を作成しました。ご飯のことや、用意するもの、飼い方全般の知識をつめこんでいるので、ぜひ参考にしてください!

うさぎの教科書【これからお迎えする人が用意すべき物やご飯まとめ】

2018-06-24

 

 

SNSのフォローはこちらから↓

FacebookTwitterInstagram

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

2016年11月~Dan君(オレンジ・ネザーランドドワーフ) 2017年7月~Nana君(キジトラ・雑種) を室内で飼っています☺ 2人の日常や、いろいろな商品を使っての感想や紹介をしています! たまに、人間のことも書きます(*´з`) 皆様に愛されるブログにしていくので、お気軽に見ていってくださいな('◇')ゞ